東京大学政策評価研究教育センター


Geographic templates of Japan for maptile

Stata 用地図作成プログラム maptile で使用する日本地図の geographic template です。maptile を用いて色分け日本地図(都道府県区域, 市区町村区域)を簡単に作成することができます。


日本地図用 Geographic template の一覧
Geographic template name Description
jpn_pref 都道府県
jpn_mun2000 市区町村(2000年10月1日時点)
jpn_mun2005 市区町村(2005年10月1日時点)
jpn_mun2010 市区町村(2010年10月1日時点)
jpn_mun2015 市区町村(2015年10月1日時点)


maptile?

Stataで色分け地図を簡単に作るプログラムです。Michael Stepner氏によって作成されました。別途インストールした maptile 用の geographic template を使うことで、州や県などの区域地図を描き、地図化したい変数の値に基づいて各地域区分を色分けすることができます。

一度 maptile と geographic template をインストールしてしまえば、コマンド一行でいつでも簡単に色分け地図を作ることができます。GIS等の外部ソフトで作図するためにデータを出力・加工する必要はありません。また、geographic template には地域区分に関する地理情報が含まれているので、別途 shapefile を用意する必要もありません。 現在、アメリカとカナダに関する18の template が用意されています(例: アメリカのstateレベル, カナダのprovinceレベル等)。


Installation

はじめに maptile をインストールします。

ssc install maptile
ssc install spmap

次に geographic template をインストールします。

maptile_install using "http://www.crepe.e.u-tokyo.ac.jp/material/geo_jpn_pref.zip"
maptile_install using "http://www.crepe.e.u-tokyo.ac.jp/material/geo_jpn_mun2000.zip"
maptile_install using "http://www.crepe.e.u-tokyo.ac.jp/material/geo_jpn_mun2005.zip"
maptile_install using "http://www.crepe.e.u-tokyo.ac.jp/material/geo_jpn_mun2010.zip"
maptile_install using "http://www.crepe.e.u-tokyo.ac.jp/material/geo_jpn_mun2015.zip"

他の template をインストールする場合や template を手動でインストールする場合は、maptile HP 内のこちらのページ をご参照下さい。


Usage

以下では、jpn_pref を例として用い、maptileの使い方に関して簡単に説明します。より詳細な説明は、Michael Stepner氏作成の slide deck をご覧いただくか、maptile のヘルプファイルをご参照下さい。

help maptile


データセット内に geographic ID を用意する

地図化したい変数(例: popoulation)と geographic ID (例: pref)を用意します。geographic ID はデータセット内の各 observation と地域区分を紐付けるIDになります。使用できる geographic ID の種類とその変数名は template ごとに決まっています。geographic ID はユニークである必要があり、重複した IDがある場合はエラーが出ます。

どのような geographic ID が使えるかは、geographic template のヘルプファイルから確認することができます。以下のコマンドで、geographic template のヘルプファイルを開くことができます。

maptile_geohelp [geogarphic template name]


作図する

地図化したい変数をvarnameで指定し、使用する geographic templateをgeonameで指定します。

maptile varname [if] [in], geography(geoname) [options]

一番簡単なコマンドの例です。geographic ID を指定しない場合は、デフォルトの geographic ID (ここではpref) が geographic ID として用いられます(geographic ID の指定方法について下記詳細)。

maptile population, geography(jpn_pref)

データ出典: 平成27年国勢調査


また、一部の地域だけを地図化することもできます。例えば次の地図は、全国の都道府県の値を用いて色分けし、近畿地方だけを地図化しています。

maptile population, geography(jpn_pref) mapif(region==5)


こちらは近畿地方の都道府県の値を用いて色分けし、近畿地方だけを地図化しています。

maptile population if region==5, geography(jpn_pref) mapif(region==5)



図を整える

オプションを指定することで以下のことができます。詳しくは Michael Stepner 氏作成の slide deck か、maptile のヘルプファイルをご覧下さい。

  • 色分けの閾値を変更する
  • 色調を変更する
  • 色を反転させる
  • 凡例にタイトルをつける
  • 等々

    参考:binの設定パターン
    デフォルト: 6つの各binに同数のobservationが入る
    maptile population, geography(jpn_pref)

    binの数を変更
    maptile population, geography(jpn_pref) n(4)

    binの色が各binの中央値を反映
    maptile population, geography(jpn_pref) propcolor

    閾値の値を指定
    maptile population, geo(jpn_pref) cutvalues(500(500)13000)

    他の変数を閾値として使う。subgroup間での比較等に便利
    pctile pop2018 = population2018, nq(6)
    maptile population, geo(jpn_pref) cutpoints(pop2018)


    Geographic template: 都道府県版

    以下では各テンプレートの詳細を説明します。jpn_pref は都道府県の色分け地図を作成します。地図を見やすくするため、小笠原諸島と北方領土は除いています。


    Geographic ID

    Geographic ID Description
    pref 都道府県コード(JIS X0401, 2-digit, numeric)
    prefname 都道府県名(アルファベット表記)
    prefname_jpn 都道府県名(漢字表記)

    都道府県名は "都" "府" "県"を含みません(例: Tokyo-to → Tokyo, 東京都 → 東京)。

    Reference:
    http://www.soumu.go.jp/denshijiti/code.html
    https://www.iso.org/obp/ui/#iso:code:3166:JP http://nlftp.mlit.go.jp/ksj-e/gml/codelist/PrefCd.html


    Options

    Option Description
    geoid(varname) 使用する geographic ID を指定(指定しない場合、prefが geographic ID)
    simple 面積が500 k㎡ 以上の島のみを表示
    compressed 沖縄を地図の左上に移動


    geoidの使用例

    varname を使用したい geographic ID の名前に変えます。

    maptile population, geography(jpn_pref) geoid(prefname)


    simple の使用例

    大きな島のみ表示されるため、地図が簡略化され見やすくなります。

    maptile population, geography(jpn_pref) simple



    compressed の使用例

    沖縄を地図の左上に移動させることで、地図がコンパクトになります。

    maptile population, geography(jpn_pref) compressed


    これらのオプションは同時に使うことができます。

    maptile population, geography(jpn_pref) compressed simple



    Geographic template: 市区町村版

    jpn_mun2000, ..., jpn_mun2015 は、各年の市区町村地図を作成します。市区町村の区域は、各年の国勢調査(10月1日実施)時点のものを使用しています(例: jpn_mun2015は2015年10月1日時点の市区町村区域)。地図を見やすくするため、小笠原諸島と北方領土は除いています。

    maptile density, geography(jpn_mun2015)

    データ出典: 平成27年国勢調査・市区町村別人口密度



    Geographic ID

    Geographic ID Description
    mun 市区町村コード (JIS X0402, 5-digit, numeric, 検査数字なし)

    Reference:
    http://www.soumu.go.jp/denshijiti/code.html
    http://nlftp.mlit.go.jp/ksj-e/gml/codelist/AdminAreaCd.html


    Options

    Option Description
    compressed 沖縄を地図の左上に移動
    district 政令指定都市を区単位で表示

    デフォルトでは政令指定都市は市単位で表示されますが、districtを使うことで区単位で表示されます。東京23区は常に区単位で表示されます。

    Reference:
    政令指定都市のリスト


    district の使用例

    一都三県(東京島嶼部は除く)の人口密度 (オプションなし)

    local area inrange(mun, 11000, 14999) & !inrange(mun, 13360, 13421)
    maptile density if `area', geo(jpn_mun2015) mapif(`area')


    一都三県(東京島嶼部は除く)の人口密度 (オプションあり)

    local area inrange(mun, 11000, 14999) & !inrange(mun, 13360, 13421)
    maptile density if `area', geo(jpn_mun2015) mapif(`area') dist

    
    



    Source

  • jpn_pref
  • jpn_mun series
    • 桐村 喬「Municipality Map Maker ウェブ版(MMM4W)」
    • 使用データ: 世界測地系 軽量サイズ
    • http://www.tkirimura.com/mmm/

    Reference

  • 任意の2時点間の市区町村コードの対応表の出力

  • Licence

  • jpn_pref この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図(国土基本情報)電子国土基本図(地図情報)を使用した(承認番号 平30情使、 第1575号)。このGeographic templateを二次利用する際は、国土地理院のサイトを参照して下さい。 Unlicenseに即し、全てのコードとドキュメントはパブリックドメインです。

  • jpn_mun series このシリーズのGeographic templateを複製または加工し再配布を行うときは、MMM4Wのサイトを参照して下さい。 Unlicenseに即し、全てのコードとドキュメントはパブリックドメインです。


  • Author

    岡本千草(データ加工者)
    東京大学 政策評価研究教育センター
    cokamoto@e.u-tokyo.ac.jp